図面図書館では、顧客情報を管理することができます。

住所録をcsvやタックシール形式でエクスポート可能なので、定期点検やリフォームの案内、お誕生日お祝いはがきなどを送るのに便利です。

物件のありとあらゆる情報を管理できます。工事費、面積、間取の特徴、設備などで検索可能です。工務店独自の項目追加も可能です。例えば、タイル貼りの外壁が特徴の会社であれば、タイルの種類ごとの施工物件が検索できます。

施工事例から家族構成やご要望(間取り、予算、駐車場、設備など)に合った図面を検索し、竣工写真まで見られるので、事例を踏まえた具体的な提案ができます。スマートフォンやタブレットでも閲覧できるので、社外での打ち合わせでも使えます。

売れる営業マンは年間12棟程度販売することできる一方で、売れない営業マンはせいぜい2~3棟しか成約することができません。

そのうまくいかない最も大きな原因の一つとして挙げられるのは、「社内リソースを活用しきれていないこと」です。

つまり、現場で行っている営業に再現性がないから結果が出ないのです。

そこで、この図面図書館があれば、社内リソースを徹底的に活用し、お客様とのイメージを共有したり、セールスの際の説得力をアップさせることができるようになります。

結果的に、売れない営業マンの営業力を劇的に上げ、売上アップに貢献する効果が期待できるのです。

 

【導入前】

「予算2,000万円位で、30坪ぐらいの外壁タイル貼りの家はできますか」お客さんから、こんな質問をよく受けます。

ベテラン営業マンなら、自分の経験値から的確に答えることができますが、新人営業マンは具体的な実例をもとに話ができないので、曖昧な答え方をしたり、自信なさげに答えてお客様に不安感を与えてしまい、商談に入れないケースがありました。

【導入後】

「2,000万円」「坪数」「外壁タイル貼り」という条件を入力するだけで、一瞬で該当する物件が検索できます。会社の資産を活用することで、新人営業マンでもべテラン営業マンと同じように事例を基に自信を持って説明できます。初めて展示場にくるお客様は、具体的な相談をする前に「予算内で希望の家が建つのだろうか」まずそこが聞きたいところです。そこを簡単にクリアでき、次のステップに進めるのが他社との差別化になるはずです。


【導入前】

お客様の思い描いているプランのイメージが設計に正確に伝わらず、その結果、要望と違うプランができあがってしまうことがありました。

【導入後】

参考事例を見せながらヒアリングできるので、お客さんとのイメージの共有がしやすく、間取りの提案を外さなくなります


【導入前】

お客さんの言われるままに間取りを作っていたら、予算オーバーになってしまい、また一からプランを作り直しすることになった。

【導入後】

実際に施工した物件の工事金額を参考に、予算を前提とした間取りの打ち合わせができるので、提案の精度が上がり、予算オーバーになることがなくなります


【導入前】

「○○タイルが好みなんだけど、実際にどんな仕上がりになるかイメージできないので、施工事例を見せてもらえませんか」

仕様打ち合わせでよくあるケースです。自分の担当した物件に該当する事例がない場合、営業所内の他の営業マンに聞いたり、現場監督に電話をしたり、探すのに一苦労しました

【導入後】

お客様の選んだ外壁材、たとえば「○○タイル」というタイルを検索したければ、「○○タイル」の項目をチェックするだけ。過去の事例を見せながら、その場でイメージを共有できます。


【導入前】

出先で急なクレームの連絡があり現場に急行しても、結局、図面を確認するために一旦会社に戻らなければならず、迅速な対応ができない上、非効率だった。

【導入後】

スマートフォンから図面を確認できるので、急なクレームでも図面を確認しながら適切な対応が可能になり、お客様の満足度が上がります。

 

これまでもパソコンで図面や写真をフォルダごとに分けて管理していましたが、担当者が変わると探し出すのに苦労していました。これなら一発で検索できるので助かっています。

(H.A様)

お客様の条件にあった施工事例の図面がすぐに出せ、工事価格のイメージをしていただきやすいので、価格によるミスマッチも少なく商談がスムーズになりました

(S.T様)

図面はもちろん施工写真も簡単に管理できるので、以前と異なりすぐに欲しい情報を入手できるようになりました。今や強力な営業ツールとなっています。

(A.U様)

CADや写真データを一元管理でき、営業マンと設計士との情報共有も簡単になりました。その結果、業務が効率よく進むようになり、お客様の満足度アップにも貢献しました。

(T.W様)

 

あなたが住宅の営業マンだったらこんな経験があるはずです。

 

展示場に初めて来られたお客様に参考になるプランを紹介しょうと、事務所に戻って図面を探し始めたものの、パソコンの中のフォルダを探したり他の営業マンに聞いたりしても見つからず、お客さんを散々待たせた挙句、手ぶらで戻って気まずい雰囲気になってしまい、次回のアポイントも取れないまま帰らせてしまったことが

 

「もし、過去の施工物件の図面が、希望の条件を入力するだけで一瞬で取り出せたら、商談はもっとスムーズに進むのに・・・」

 

「図面図書館」はそんな悩みを抱える工務店の声を聞きながら、不動産・工務店専門のWebシステム制作会社が開発したツールです。

業界ならではの事情にも精通しており、リアルな現場の声が反映されています。

 

これまでの顧客管理ソフトには、物件ごとに図面を保管する機能があるものはありましたが、建物の特徴から検索して、目的の図面を取り出す機能を持ったものはありませんでした。

 

これからは、顧客情報や図面、写真などをどんどんインプットしていくだけで、商談中にお客様を待たせることなく、瞬時に取り出すことができるのです。

 

ぜひあなたも30日無料でその機能を試して、その効果を実感してください。